良いあまりイメージではありませんが、ユーザーの離脱や解約が増加しているセールスファネルがある場合に、よく抜粋されるビジュアルです。

アプリをアンインストールしてしまう新規ユーザーを獲得し、それを補うためにUAの苦悩を加速させるという、グロースマーケッターなら誰もが恐れる限りです。これは、水漏れしたバケツに水を入れようとしているようなものです。

ユーザー離脱が重要な理由

コンバージョンファネルが漏れるという問題は、ほとんどのアプリが抜けている問題です。クレベルタップが発表したアプリの契約に関する統計データをご覧ください。

米国の平均的なユーザーは、モバイル利用の90%を上位5つのアプリに費やしています。

25%のアプリが1回の起動でアンインストールされています。

アプリユーザーの平均離脱率は、90日以内に約95.5%です。

アプリの解約率を5%下げるだけで、収益性が75%向上しているというのは良いニュースです。これは、新規顧客の獲得は維持の5~25倍のコストがかかるという事実と利益、強いなリテンションリターゲティング戦略への投資が、ユーザー獲得キャンペーンの最初からアプリにできる最も重要なことであることを示しています。

ユーザー離脱とは?

ユーザー離脱とは、ユーザーがアプリを使わなくなることを無視します。このユーザーグループと、ユーザーがアプリに与える影響を理解するためには、ユーザー離脱率を計算する必要があります。併せてアプリをアンインストールしたり、アプリとの関わりをやめたりするユーザーの割合のことです。

アプリ離脱率は、アプリ維持率の逆数です。 アプリ維持率は、アプリがユーザーを引き付け続ける速度を示すのに対して、アプリ解約率は、ユーザーがアプリのライフサイクルの中でどれくらいの速度でアプリを撤退し始めると示しています。

アプリが成長するためには、アプリでアクティブであり続けるユーザーの数が、離脱するユーザーの数よりも多くなければなりません。

利用者離脱率の計算方法

アプリのユーザー離脱率を計算するには、まずはウィンドウを設定します。例として、4 月のアプリのユーザー離脱率を確認する場合を考えてみましょう。まず、4 月に何人のユーザーがアプリそのためには、4 月初めのユーザー数と終了時のユーザー数を測定する必要があります。この数字の差が、アプリから可視化したユーザーの数です。これが計算式の分子になります。

次に、この数字を期首のユーザー数(この場合は4月上旬のユーザー数)で割ります。この数字に100を掛ければ、ユーザー離脱率が算出されます。

つまり、4月に1000人のユーザーでスタートしたアプリが800人で終了した場合、契約率の計算式は次のようになります。

(1000 - 800) / 1000 = 200 / 1000 = 0.2 x 100 = 20%

回収率は、日次、月次、年次など、任意の期間で計算することができます。

残留時間の計算

この例では離脱率を簡単に計算することができますが、ある種の詳細な計算が複雑になることがあります。その一つが離脱時間です。仮に、定められた期間に離脱率が正しく含まれていますていなければ、離脱率は不正確なものになってしまいます。

そのためには、アプリから数ヶ月にわたって収集したユーザーのサンプルコホートを取ります。ベースラインがクリーンであることを確認することが重要です。

次に、サンプルを非アクティブウィンドウで分割します。つまり、3日、5日、7日、14日、21日間に渡って非アクティブであったユーザーを対象とします。サンプルが重なっても気にしないでください。各非アクティブ期間(3日、5日、7日、14日、21日)後に戻ってきたユーザーの割合を確認します。この割合が5%を下回ったら、離脱の可能性があると判断することをお勧めします。

利用者離脱率を最小化する方法

ファネル内の漏れを特定する方法がわかったところで、それを修正する方法の概要を説明します。

  • オンボーディングを最適化する

オンボーディングプロセスと、初期段階でのユーザーとの関わり方について詳しく見てみましょう。 オンボーフローが複雑すぎたり、長すぎる場合、発生が発生する可能性があります。を制限することで、ユーザーに限り早く貴社のアプリの魅力を体験してみましょう。

  • ディープリンクを利用する

ディープリンクは、ユーザーをアプリ内の目的の場所に直接移動させることができます。ディープリンクは、カスタマージャーニーをとりあえず継続させ、ユーザー体験を向上させるシンプルで実績のある方法です。はコンバージョン率を50%以上向上させることができます。

  • パーソナライゼーションを使用する

ダイナミックリターゲティング広告、関連する批判通知、アプリ内のモーダルなどによるパーソナライゼーションは、リテンションと顧客獲得の向上につながります。

  • コンテンツを効率化する

この戦略は、アプリのタイプに依存します。例えば、ゲームアプリの場合、ゲームの各レベルが魅力的で、困難度のバランスが取れていることが重要です。また、各レベルやセクションに十分なコンテンツを用意し、ユーザーを飽きさせませんように。

  • ユーザーが解放する直前に通知を特定する

アプリの解放を評価する際に最も推奨される方法の1つは、主要なドロップポイントをポイントでする特定のことです。その直前、ユーザーは何をしているのでお願いします。 「漏れ」をピンポイントで特定し、それを修正する方法を考えます。

アプリのユーザー解放率に関する留意点

ユーザー流出と漏れのあるセールスファネルは、すべてのアプリが取り組むべき喫緊の課題です。なぜなら、離脱率をわずか5%減らすだけで、アプリの収益性を75%も高めることができるからです。

    • ユーザー離れとは何ですか? 一定期間内にアプリをアンインストールしたり、非アクティブになったりしたユーザーの数です。
    • 解約率はどのように計算するのか? 期間枠を特定し、期間開始時のユーザー数を期間内アプリを放棄したユーザー数で割ります。
  • 高いアプリユーザーの離脱率を考慮した5つの方法
  1. オンボーディングを最適化する
  2. ディープリンクを利用する
  3. メッセージと広告をパーソナライズする
  4. コンテンツを効率化する
  5. ユーザーの直前に通知を特定する

ユーザーの恐怖を予防したいですか?リターゲティングをリテンション戦略的に行うことを検討してください。

私たちのチームは、アプリユーザーの定着率を高め、アプリユーザーの離脱率を抑制し、パーソナライズされたリターゲティングキャンペーンを構築するお手伝いをします。

ライフサイクルマーケティングに関するご相談はこちらまで。