ミレニアル世代は、 最大の成人人口 アメリカでは、以前は団塊の世代が占めていたため、この世代の財布を掌握したいマーケターにとって、ホリデー中の彼らの消費習慣は非常に重要になっています。世界中の約1.8億人のミレニアル世代の合計年収は、 2.5兆ドル を超えると予想されます 4兆ドル ホリデーシーズンが本格化する中、ミレニアル世代のモバイル支出の好みの微妙な違いを掘り下げることは、アプリ開発者にとって有益となる可能性があります。 

このブログでは、休暇中のミレニアル世代のモバイル支出習慣に注目する理由を探っていきます。 成功と維持を最大化します 今日の競争の激しいアプリ市場において。ミレニアル世代の嗜好とZ世代の購買力の上昇との違いを評価することは、特に裕福なミレニアル世代のバイヤーをターゲットにしている場合、マーケティング担当者が新年に向けて戦略を立てる方法を形作るはずです。  

ミレニアル世代と Z 世代: 支出習慣の違い 

ミレニアル世代と Z 世代は一世代しか離れていませんが、彼らの育ちや消費習慣は大きく異なります。 Z世代1996 年から 2014 年の間に生まれた、新しい世代の買い物客です。デジタルネイティブとして育った彼らの好みは、より偏っています。 ハイパーパーソナライズ、拡張現実およびその他の最先端のテクノロジートレンド。一方、ミレニアル世代は、モバイル支出の好みに関して若干異なる基準を持っています。この世代は 1980 年から 1995 年の間に生まれ、現存する最大の世代です。彼らは、XNUMX代後半か成人期になるまでソーシャルメディアやデジタルコミュニケーションに触れませんでした。その巨大な規模と消費力は、マーケティング担当者が研究し対応する上で非常に重要です。

パーソナライゼーションへの期待

Z世代: Z 世代は、上の世代と比較して、よりパーソナライズされたショッピング体験につながるのであれば、個人情報の共有に対してよりオープンです。彼らは、高度にカスタマイズされた推奨事項やコンテンツを期待し、高く評価する可能性があります。

ミレニアル世代:ミレニアル世代は、パーソナライズされたおすすめやターゲットを絞ったマーケティングを高く評価していますが、プライバシーをより重視しています。この世代はインターネットの黎明期を目撃した経験によって形成されており、個人情報をオンラインで共有することに伴う潜在的なリスクを認識しています。このため、プライバシーが侵害されていると感じる場合、データ共有機能をオプトアウトする可能性が高くなります。 

ただし、ミレニアル世代は、カスタマイズされた推奨事項やコンテンツなど、パーソナライズされたエクスペリエンスの利点を高く評価しています。アプリマーケティング担当者にとって、このグループはプライバシーの保護に細心の注意を払っていることに留意することが重要です。パーソナライズされた広告が煩わしすぎないようにすることは、この知的な世代の信頼を得るために不可欠です。 ATT プロンプトで明確なメッセージを作成することも、ミレニアル世代がアプリを使用する際に安心感を得るもう XNUMX つの方法です。 

優先ショッピング プラットフォーム

Z世代: ソーシャル メディアに精通した世代である Z 世代は、ショッピングのニーズにモバイル アプリを好む傾向があります。 32%以上 Z 世代のトランザクションはモバイル デバイスで行われており、モバイル マーケティングはブランドにとって非常に大きな影響力を持つ投資となっています。この世代は、製品発見やショッピングのインスピレーションを得るために、Instagram、Snapchat、TikTok などの新しいプラットフォームを利用する可能性が高くなります。

ミレニアル世代:ミレニアル世代はスマートフォンを早期に導入し、モバイル ショッピングを受け入れました。彼らは、Amazon、eBay、従来の小売業者アプリなどの確立されたプラットフォームを使用して、ショッピングに Web サイトとモバイル アプリを組み合わせて使用​​することがよくあります。これらのお気に入りの小売店のアプリは、限定セールやプッシュ通知を提供し、買い物の効率を高めるため、ミレニアル世代に好まれることがよくあります。しかし、Web ショッピングでは、このグループの買い物客が詳細なリサーチを行い、さまざまなプラットフォーム間で価格を比較し、より幅広い製品レビューにアクセスすることができます。 

両方のプラットフォームを組み合わせることで、この世代は、ウェブ上で入手可能な包括的な情報を活用しながら、アプリの使いやすいインターフェイスを利用して、十分な情報に基づいた意思決定を行うことができるようになります。ウェブからモバイルへの移行を促進するために、アプリのマーケティング担当者は、優れたユーザー エクスペリエンスと、ショッピング エクスペリエンスを効率化するモバイル限定の割引やセールを強調する必要があります。

ソーシャルメディアの影響

Z世代: ソーシャル メディアは、Z 世代の買い物習慣においてより中心的な役割を果たしています。 半分以上 Z 世代全体(58%)が、ソーシャル メディア インフルエンサーまたはコンテンツ クリエイターからの推奨に基づいて購入を行っています。彼らは、インフルエンサーやブランドが製品を大々的に宣伝する Instagram などのプラットフォームで見たものに基づいて衝動買いをする可能性が高くなります。

ミレニアル世代: ミレニアル世代は製品の発見やレビューにソーシャル メディアを使用しますが、購買決定は Z 世代ほどソーシャル メディアに大きく影響されません。 半分以下 このグループの XNUMX 人は、ソーシャル メディアに基づいて購入するように影響を受けています。ミレニアル世代はレビューや推奨事項に依存することが多いですが、購入前にさらに詳細なリサーチを行う場合もあります。アプリ上にレビューと比較のためのスペースを作成すると、ミレニアル世代はより安心して最終的な購入の決定を行うことができます。 

ミレニアル世代の 2023 年のモバイル支出動向

マーケティング担当者がミレニアル世代のオーディエンスを再エンゲージする際に考慮する必要がある傾向がいくつかあります。サブスクリプション、ロイヤルティ プログラム、利便性に対する彼らの好みは、年末に高額支出をする消費者を維持するためのアプリ マーケティング戦略を立てる際に不可欠なものです。  

サブスクリプションサービスの導入

サブスクリプション サービスは、ミレニアル世代の視聴者の間で目覚ましい成功を収めています。 90%以上 のミレニアル世代は、何らかのサブスクリプション サービスを積極的に利用しています。サブスクリプション サービスはショッピング プロセスを合理化し、厳選された製品やサービスを消費者に提供します。例えば、 Spotifyは ユーザーは広告付きで無制限の音楽を無料でストリーミングできます。サブスクリプション プランにアップグレードすると、ユーザーは広告なしで XNUMX 日中音楽を聴くことができます。このアプリに登録すると、カスタマイズされた音楽、コンサート、その他のおすすめ情報を入手することもできます。 

カスタマイズされた付加価値エクスペリエンスを提供し、利便性を確保することで、ブランドはミレニアル世代との永続的な関係を構築し、ブランドロイヤルティと定期的な収益源を促進できます。アプリマーケティング担当者は、ホリデーシーズンから新年にかけて割引メンバーシップを提供することで、ユーザーを再エンゲージできます。この利便性、パーソナライゼーション、手頃な価格、持続可能性の組み合わせにより、サブスクリプション サービスはミレニアル世代のライフスタイルに自然に適合し、この層での普及と定着に貢献しています。 

忠誠心

最良の取引を得るために、 視聴者の38%が のミレニアル世代は、2022 年と比較してブランド ロイヤルティ プログラムに参加する可能性が高くなります。さらに、ミレニアル世代の 60% 以上が、より多くのロイヤルティ特典を得るためにブランドを切り替えたり、購入場所を変更したりすると考えています。ロイヤルティ プログラムは、コストを重視し、価値を重視したショッピング体験を求めるミレニアル世代の欲求を利用することがよくあります。報酬、割引、または特別な特典を獲得できるという見通しは、経済的知識と満足感を育みます。さらに、経済不安の中で成人したミレニアル世代は、品質を犠牲にすることなく予算を拡張できるロイヤルティ プログラムが提供する目に見えるメリットを高く評価しています。 

これらのプログラムは経済的な側面を超えて、認識と評価の感覚を提供し、ブランドとのパーソナライズされた有意義な交流に対するミレニアル世代のニーズに応えます。ロイヤルティ プログラムに組み込まれることが多いゲーミフィケーション要素も、この世代のテクノロジーに精通した競争力のある性質にアピールし、ショッピング体験をより魅力的で楽しいものにしています。マーケティング担当者は、特に新年に向けて、忠実な顧客になるメリットを宣伝することでユーザーを維持できます。全体として、ロイヤルティ プログラムは、ミレニアル世代の心に強く響く倹約、パーソナライゼーション、エンゲージメントの価値観と一致しており、ブランドへのロイヤルティとブランド擁護の感覚を育みます。 

利便性がすべて

消費者の期待は、特にミレニアル世代の間で変化しており、利便性は彼らがブランドを選択するかどうか、また購入に至るかどうかに大きな影響を与えます。以上 millennialsの80% 買い物をする際に考慮する最大の要素として利便性を重視しています。多くのミレニアル世代は仕事、家族、その他の責任を両立させているため、モバイル ショッピングのオプションを評価する際には、素早いチェックアウトとシームレスなインターフェイスが最重要視されています。 

オンライン ショッピングを好む傾向が最も高いのはミレニアル世代であり、次に X 世代が続きます。これらの世代にとって、オンライン ショッピングを最も便利にしているのは、タイミングの柔軟性と配達または受け取りのオプションです。ミレニアル世代のモバイル ショッピング アプリ ユーザーをさらに獲得するには、マーケティング担当者は、ショッピング アプリを使用すれば消費者がいつでもどこでも買い物ができ、長い行列を避けることができることを強調する必要があります。即時アクセス、最適化されたデザイン、パーソナライズされた機能の組み合わせにより、ショッピング アプリは Web ブラウザーを介した従来のオンライン ショッピングよりも便利になり、特に今日のミレニアル世代の消費者のペースが速くモバイル中心のライフスタイルにおいて、ユーザーの好みや期待に応えます。

要点 このホリデー シーズンにミレニアル世代を獲得するためのヒント

ミレニアルズの人は持っている 団塊の世代を追い越した アメリカ最大の成人人口であるため、この世代の財布を掌握したいマーケターにとって、ホリデー中の消費習慣は非常に重要です。ホリデー シーズン真っ盛りの今、ミレニアル世代のモバイル支出の好みの微妙な違いを掘り下げることは、アプリ マーケティング担当者にとって有利な機会を生み出す可能性があります。 

ミレニアル世代の 2023 年のモバイル支出動向 

  • サブスクリプション サービスの導入: サブスクリプション サービスは、ミレニアル世代の視聴者の間で目覚ましい成功を収めています。 90%以上 のミレニアル世代は、何らかのサブスクリプション サービスを積極的に利用しています。カスタマイズされた付加価値エクスペリエンスを提供し、利便性を確保することで、ブランドはミレニアル世代との永続的な関係を構築し、ブランドロイヤルティと定期的な収益源を促進できます。
  • ロイヤリティ: 最良の取引を得るために、 視聴者の38%が のミレニアル世代は、2022 年と比較してブランド ロイヤルティ プログラムに参加する可能性が高くなります。さらに、ミレニアル世代の 60% 以上が、より多くのロイヤルティ特典を得るためにブランドを切り替えたり、購入場所を変更したりすると考えています。
  • 利便性がすべて: オーバー millennialsの80% 買い物をする際に考慮する最大の要素として利便性を重視しています。多くのミレニアル世代は仕事、家族、その他の責任を両立させているため、モバイル ショッピングのオプションを評価する際には、素早いチェックアウトとシームレスなインターフェイスが最重要視されています。