デジタルマーケティング業界は日進月歩であり、ブランドは常に革新的な方法でオーディエンスにリーチし、コンバージョンを促進する方法を模索しています。そのような戦略の1つは、 アプリ内広告とリターゲティングです。しかし、アプリ内広告(IAA)が、プッシュ通知やメールキャンペーンなど、ブランドのオムニチャネルマーケティング戦略の他の要素も強化できることをご存知でしょうか?

この記事では、アプリ内リターゲティング キャンペーンがブランドのデジタル マーケティング戦略の他の要素にどのように価値を加えることができるかを学びます。

オムニチャネルの利点

今日のデジタル環境では、ユーザーはソーシャルメディアからモバイルアプリ、ウェブサイトに至るまで、複数のタッチポイントでブランドと交流しています。このことは、オムニチャネル・マーケティング戦略、つまり、ブランドのすべてのチャネルを統合し、顧客がチャネル間で統一された一貫した体験を得られるようにする顧客中心のアプローチの必要性を示しています。「オムニチャネル」という言葉でさえ、それを物語っています。「オムニ」は「すべて」を意味し、「チャネル」は、実店舗であろうと、ウェブサイトをサーフィンしていようと、ソーシャルメディアページをスクロールしていようと、Eメールを読んでいようと、アプリをダウンロードしていようと、プッシュ通知をタップしていようと、顧客が企業と接するさまざまな方法を指します。

なぜアプリ内リターゲティングとマルチチャネルに投資するのでしょうか?説得力のある理由がいくつかあります:

  1. ユーザー・エクスペリエンスの向上:今日のユーザーは、プラットフォーム間でのシームレスな体験を期待しています。アプリ内広告を他のチャネルと連携させることで、パーソナライズされた流動性のある一貫したジャーニーをユーザーに提供することができます。

アプリ内リターゲティングの価値 

アプリ内リターゲティングは、過去に貴社のアプリやブランドと接触したものの、コンバージョンに至る前に休眠状態に陥ったり、離脱してしまったユーザーを再度エンゲージします。アプリ内広告の巨大な市場ポテンシャルを引き出すだけでなく、ユーザーを活用して高度にパーソナライズされた関連性の高いコンテンツやオファーを提供する、データ主導型のアプローチです。さらに、この戦略は、新規ユーザーを獲得するよりも、既存ユーザーに再度エンゲージする方が簡単な場合が多いという事実を利用しています。

アプリ内広告とリターゲティングの価値をもっと証明する必要がありますか?これらの統計をご覧ください:

モバイルアプリのリターゲティングでオムニチャネル マーケティング戦略を強化する方法

オーディエンスのセグメンテーション: 最初のステップ

アプリ内リターゲティングを他のチャネルとうまく連携させるためには、オーディエンスのセグメンテーションが基礎となります。セグメンテーションとは、ユーザーベースを特定の基準に基づいて明確なグループに分類するプロセスです。このセグメンテーションは、メッセージの関連性を高めるだけでなく、コンテンツやプロモーションを異なるユーザーセグメントに合わせることを可能にします。

オーディエンスを効果的にセグメンテーションするための重要な考慮事項は次のとおりです。

  1. 価値の高いアクション: アプリ内で奨励したい価値の高い、またはエンゲージメントの高いアクションを特定することから始めましょう。これらのアクションは、セグメンテーション戦略の完成予想図となります。
  2. イベントトラッキング: アプリ内のイベントトラッキングは、ユーザーの行動を理解するために不可欠です。製品ビュー、登録、購入など、アプリ内でのユーザーインタラクションをモニターすることができます。このデータは、パーソナライズされたリターゲティングメッセージを作成する上で非常に貴重です。
  3. 行動に関する洞察: アプリ内でのユーザーの行動を考慮しましょう。彼らは非アクティブなのか、アップセルの可能性があるのか、大量に買い物をしているのか、それともまだコンバージョンを完了していないのか。セグメントごとに独自のアプローチが必要です。
  4. タイミング: ファネル分析を使ってアプリ内でのユーザーの旅を分析しましょう。ペインポイントやユーザーの離脱箇所を特定しましょう。このデータを使って、適切なタイミングでユーザーを再ターゲットし、コンバージョンファネルに誘導しましょう。

顧客ベースをセグメント化する方法

前述の詳細を考慮したら、顧客を明確なバケツに分類し始めます。以下は、あなたが始めることができるいくつかのカテゴリの例です。

  • 非アクティブなユーザー: 一定期間アプリを利用していないユーザー。このようなユーザーへのコミュニケーションは、彼らにあなたのブランドのアプリを思い出させ、再開を促すことを目的とする必要があります。
  • 休眠したユーザー: これらの顧客は最近アクティブになったが、コンバージョンする前にショッピングカートを放棄したり、離脱した可能性があります。メッセージは、カートが満杯であっても、登録が完了していなくても、ユーザーにアプリに戻ってコンバージョンの可能性を満たすよう促す必要があります。
  • 中程度の潜在的なユーザー: アクティブだが支払いをしていないユーザー。メッセージは、ユーザーにメンバーシップのアップグレード(サブスクリプションベースの場合)、または購入をすることのメリットを示すことを目的とする必要があります。
  • 見込みの高いユーザー: これらのユーザーはアクティブなリピーターです。メッセージは、新商品や関連商品を宣伝することで、繰り返しコンバージョンを促すことを目的とします。

ブランドのメッセージをチャネル全体で調整する

"プッシュ通知やEメールですでにリターゲティングを行っている。なぜ別のチャネルに投資する必要があるのだろう?"とお考えかもしれません。アプリ内リターゲティングが既存のマーケティング戦略を補完し、強化する方法をいくつかご紹介します。

プッシュ通知

あなたのブランドは、タイムリーなメッセージをオーディエンスに届けるための強力なツールであるプッシュ通知で、すでにユーザーをリターゲティングしているでしょう。しかし、関連性のない、またはタイムリーでない通知が多すぎると、ユーザーのオプトアウトや、最悪アプリのアンインストールにつながる可能性があります。アプリ内リターゲティングは、プッシュ通知戦略の洗練と強化に役立ちます。

  1. セグメント化されたメッセージング: アプリ内リターゲティングでは、アプリ内での行動に基づいてユーザーをセグメント化できます。このセグメンテーションを使用して、プッシュ通知を調整することができます。例えば、あるユーザーがリターゲティング広告を通じて特定の製品カテゴリーに興味を示した場合、その製品に関連するプッシュ通知を送信し、コンバージョンの可能性を高めることができます。
  2. 再アクティブ化キャンペーン: 最近アプリを利用していないユーザーに対して、アプリ内リターゲティング広告をプッシュ通知と連動させることで、アプリの利点を思い出させたり、特別オファーで惹きつけたりすることができます。このような緩やかなリマインダーは、興味を再燃させ、ユーザーを呼び戻すことができます。
  3. パーソナライゼーション: パーソナライゼーションはプッシュ通知を成功させる鍵です。アプリ内リターゲティングは、ユーザーの嗜好や行動に関するデータを収集し、個々のユーザーの心に響く、高度にパーソナライズされた通知を送ることを可能にします。

メールキャンペーン

メールマーケティングは依然としてデジタルマーケティングの要です。アプリ内リターゲティングは、メールキャンペーンを強化するために必要なデータとインサイトを提供します。

  1. 行動の洞察: ユーザーの行動や嗜好などのアプリ内リターゲティングデータは、メールマーケティングプラットフォームと統合することができます。これにより、ユーザーの最近のアプリ内での行動に沿ったメールを送信し、関連性とエンゲージメントを高めることができます。
  2. カート落ち率の改善: ユーザーがアプリ内でカートを放棄した場合、アプリ内リターゲティングはフォローアップメールをトリガーすることができます。このメールには、割引を提供したり、取り残された商品を強調したりする、優しい後押しを含めることができます。このアプローチは、多くの場合カートの回収とコンバージョンにつながります。
  3. ドリップキャンペーン: アプリ内リターゲティングのデータは、効果的なドリップメールキャンペーンの設計に役立ちます。このようなキャンペーンでは、ターゲットを絞った一連のメールを時間をかけて配信し、ユーザーを徐々にコンバージョンへと導きます。無料トライアル、購入、その他の希望するアクションなど、ドリップキャンペーンはユーザーの興味を引き、情報を提供し続けます。

まとめ

アプリ内リターゲティングキャンペーンは、ブランドのマーケティングの他の要素を洗練・強化し、コンバージョンに最適化された強固なオムニチャネルマーケティング戦略を構築することができます。その方法をご紹介します:

  • プッシュ通知: アプリ内リターゲティングとプッシュ通知を組み合わせて、セグメント化、再アクティブ化、パーソナライズされたメッセージを実現します。
  • メールキャンペーン: 行動に関する洞察、放棄されたカートの回収、ドリップ キャンペーンによって電子メール キャンペーンを強化し、エンゲージメントとコンバージョンを促進します。
  • パーソナライゼーション: アプリ内のリターゲティング データを活用して、すべてのチャネルにわたって高度にパーソナライズされたマーケティングを実現します。

 

ブランドのオムニチャネル マーケティング戦略を次のレベルに引き上げます。アプリ内リターゲティングを使用すると、最良の顧客にブランドを思い出させ、一貫したエンゲージメントと購入を促すオムニチャネル戦略を作成できます。まずはチームにお問い合わせください。