Appleは今年のWorldwide Developers Conference(WWDC)で、モバイル業界のiOS上の広告主のデバイス識別子であるIDFAの使用を制限すると発表しました。 Appleのリセット可能なIDFAとLimit Ad Tracking(LAT)が前の年にリリースされたことで、この変化が起こったと予想していました。私たちは、このような主要なプライバシーに対応するためのプラットフォームを準備しています。

iOS14プライバシーアップデートに関するレビュー

これまで、IDFAはiOSでモバイル広告キャンペーンを追跡する最も正確な方法の1つでした。 この追跡は、デバイスを単一のIDFAに決めることによって行われます。 IDFAを追跡し、ターゲットユーザーの品質を定義し、広告によりアプリをインストールすれば大丈夫です。 iOS 14(2020年9月にリリース予定)以降、IDFAを使用するには、アプリがユーザーからオプトインを考慮する必要があります。 これにより、AppTrackingTransparency(ATT)フレームワークの下で、製品全体でユーザーを追跡するアプリに権限が与えられます。このフレームワークは、ユーザーの同意を得られたIDFAへのアクセスを管理します。ワーク内で、Appleは、最新のようにトラッキングの機能を提供することについても概説しています。

ATTフレームワークによって提供されるIDFAオプトインの代替として、Appleはアトリビューションと広告測定ソリューションであるSKADNetworkも提供しました。 SKAdNetwork(SKA)は、ユーザーレベルのデータを完全に削除する属性へのまったく異なるアプローチです。 SKAは、SKAdNetworkに登録されているパブリッシャーに対して、iOSデバイスに表示される広告にユーザー属性を提供しますます。 マーケティング担当者はインストールが行われたことを認識しますが、特定のインストールを特定のデバイスと紐づけることはできません。

ポジティブなニュース

プライバシーの変更はiOS14以降に適用されることに注意してください。iOSユーザーはモバイルエコシステムで最も価値のあるユーザーですが、Androidユーザーは依然として多くの国で過半数を占めています。世界的に見て、Google Androidは依然としてスマートフォンリーダーの51.8%のシェアで市場リーダーです。 Appleのスマートフォンユーザーの割合は2012年以降20%増加していますが、成長の大部分は米国で行われており、iOSが支配する国が最も影響を受けます。具体的には、iOSの市場シェアが60%の米国、60%の日本、オーストラリアの市場シェアが60%弱です。 世界中で、スマートフォンの出荷におけるAppleの市場シェアは約10%に低下しています。 AndroidはグローバルでYouAppiの在庫のわずか50%を確保しています。 一部では、このシェアはさらに高くなっていますさらに、一部のユーザーは引き続きターゲティングの対象としてオプトインするため、IDFAは完全に廃止されません。専門家は現在、IDFAアクセスのユーザーのオプトイン率が10〜20%になると予測しています。 現在の予測では、最終的に、iOSユーザーの約70%がiOS14を使用することになります。 14億人のアクティブなiOSユーザーがいることを考えると、約4億2,000万人のiOSユーザーがIDFAを介して引き続きアクセスできることを意味します。

IDFAオプトインを促進する方法

モバイルマーケティング担当者が、オプトインを高くするようユーザーにインアクティブを与え、前述のセンシティブな影響を考慮した検討的な方法を発見することは間違いありません。 貴重なデータが多すぎて危機に瀕しており、マーケティングの生涯投資収益率(担当LTROI)の多くは広告収益に依存しています。 特に、アプリが広告収益率向上、ユーザーに無料のサービスを提供する場合、ユーザーがIDFAを共有することに同意する可能性が低い可能性が高いです。マーケティング担当者がIDFAを共有するようにユーザーにインセンティブを考慮する方法には、ポップアップのオプトインメッセージを表示しますするだけでなく、提供するデータで何をするのかユーザーに示すことが含まれます。 マーケティング担当者は、重要な瞬間にオプトインの承認通知を提案することもできます。 まず、ユーザーにアプリの価値を理解させた後、ATTポップアップを表示します。 まず、主観通知によって経験が向上する理由を説明するページを表示させ、その後許可のオプトインが表示されます。

ネガティブなニュース

私たちはお客様に完全な透明性をお約束します。 この変更によってもたらされる課題につながっていると、私たちはコミットメントを守らないでしょう。モバイルアプリ業界のインストール費用は800億ドルです。 Androidデバイスは、iOSの2倍のインストール数を占める可能性がありますが、支出に関しては逆になります。 2020年第1四半期のAndroidのインストール数は225億でしたが、iOSでは90億です。

情報源: アプリアニー

これを消費者向けアプリの支出と比較すると、2020年第1四半期のiOSでは150億ドル、Androidでは83億ドルです。

情報源: アプリアニー

前述のように、iOS ユーザーは Android ユーザーよりも価値が高く、実際、これらの数値を考えると 2 倍近い価値があります。今後が影響を受ける可能性があることになります。

これまでの業界からの反応

Appleの発表から数週間で、すべてのMMPがiOS14に備えるための独自のソリューションの発表を発表しました。以下は、主要なMMPのいくつかからの開発のハイライトです。

  • Adjustは、その「アトリビューションハッシュ」のリリースを発表しました。このソリューションは、IDFVと同様に動作する「ハッシュ」を作成します。同じデバイス上の2つのアプリが同じパブリッシャーのものはない限り、これにより、マーケターは特定のユーザーまたはデバイスをリターゲティングまたは追跡できません。 なお、これにより、マーケティング担当者はiOS14に準拠しながら広告の効果測定を行うことができます。
  • Kochavaは、プラットフォーム固有の広告IDに依存しないIDソリューションをリリースする予定です。 これには、コンテキストターゲット(クロスプロパティで固定の識別子が使用されない)とSKAdNetworkおよびXCHNGとの統合が含まれます。
  • AppsFlyerは、IDFAを使用しないモバイルエコシステムを過去2年間準備しているというライセンスを発表しました。 今後数週間で複数の製品の発表を共有する予定です。

あなたあっぴがやること

私たちは、ATTフレームワークとSKAdNetworkをサポートするために、アトリビューションプラットフォームによって導入されたソリューションと、MMP自体が提供する独自の代替ソリューションを統合するための対応を行っております。 MMP会社と緊密に連携することに加えて、SKAdnetwork対応の開発とお客様のニーズとの互換性を評価しています。 最後に、Appleと協力して、今後の変更についてリリースされた新しい情報を確実に把握できるようにしています。 これには、この秋の公式リリース前の夏の間に、iOS 14 のベータテストも含まれております。

パートナー様へのYouAppiのコミットメント

業界は、これらの変更の実際的な影響について、情報収集段階になります。まだ学ぶべきことがたくさんあります。 この不確実な時期に、私たちのお客様へのコミットメントは、独立した他のプレイヤーと協力して、安定性のある業界ソリューションを開発するために可能な限りのことをすることです。 イノベーションは、モバイルを世界で最も予想的で収益性の高い産業の注目を集めたものです。 私たちは変化を想像力と創造力の触媒として受け入れ、私たちは前進するにつき、私たちのパートナーを積極的にサポートします。

 

「深刻な危機を無駄にすることは当面ありません。そして、私が意味するのは、以前はできなかったと考えることを実行する機会だということです。」 – ラーム・エマニュエル、元ホワイトハウスの首席補佐官。