モバイル マーケティング ファネルを合理化することは、アプリの成功にとって非常に重要です。 モバイルマーケティングファネル は、ユーザーがアプリを気に入り、使用し続けてもらえるように設定します。しかし、ユーザーがファネルを進むにつれて、アプリを離脱、または放置する可能性のある段階がたくさんあります。全てのアプリマーケターのゴールは、ユーザー離脱を最小限に抑えながら、ユーザーリテンションを最大化することです。 

平均的なアプリは、インストール後XNUMX日以内にデイリーアクティブユーザー(DAU)の 視聴者の38%が を失います。このブログでは、ユーザーが離脱する理由と、マーケターがアプリの成功を最大化するためにアプリユーザーの離脱率を減らす方法について説明します。 (過去ブログ)

ユーザーの休眠化とは?

ユーザー離脱とは、ユーザーがアプリを使用しなくなり、アクティブでなくなることを意味します。これは、ユーザーがアプリをアンインストールしたり、ログインをやめたり、アプリの機能やコンテンツへのエンゲージメントが著しく低下した場合に起こります。アプリユーザーの休眠化は、ユーザーがアプリから離れ、戻ってこない割合を示す重要な指標です。

アプリの成長と成功に直接影響するため、アプリ開発者やマーケティング担当者にとって休眠は重大な懸念事項です。高い休眠率は、ユーザーベースの縮小、収益の減少(特にアプリ内課金やサブスクリプションがあるアプリの場合)、全体的なユーザーエンゲージメントの低下につながります。

アプリのユーザー離れを軽減する方法

ユーザー離れを抑えることは、アプリの成功にとって最も重要です。新規顧客の購入または課金率は 5-20%です。一方、既存ユーザーの課金または購入確率は60~70%です。つまり、モバイルマーケティングのユーザージャーニーを通してユーザーを維持することは、アプリの成長にとって非常に重要なのです。アプリマーケターがアプリユーザーの離脱を抑えるために採用できる戦略には、高度なパーソナライゼーションの提供、プッシュ通知の活用、マーケティングファネルの各段階での付加価値などがあります。 

パーソナライゼーション

データと分析を使用して、 ユーザーエクスペリエンスをパーソナライズ するためにデータとアナリティクスを使用することで、新規ユーザーをマーケティングファネルに導くことができます。ユーザーの嗜好や行動に基づいてコンテンツ、おすすめ、通知を調整することで、ユーザーはより快適にアプリを利用できるようになります。パーソナライゼーションは、ユーザーがアプリやそのサービスにより親近感を抱くのに役立ちます。  

このレベルのパーソナライゼーションを実現するために、アプリのマーケティング担当者は、行動、好み、使用パターンに基づいてユーザーベースをセグメント化することができます。ここから、各セグメントに対してユニークでターゲットを絞ったマーケティングキャンペーンを作成することができます。このアプローチにより、マーケティング担当者は異なるユーザーグループに基づいて、より関連性の高いコンテンツやオファーを提供できるようになります。例えば、アプリをダウンロードしたばかりのプレーヤーを再度エンゲージするリターゲティング広告は、継続してプレーしていたユーザーに配信される広告のメッセージングとは大きく異なります。新しいユーザーは、ゲームについてより多くの説明とノウハウを必要とするかもしれませんが、ベテランユーザーは、離脱したレベルに基づいてパーソナライズされた報酬に反応するかもしれません。

プッシュ通知

プッシュ通知は、マーケティングファネル全体を通してユーザーを惹きつけることで、ユーザーの離脱を減らす重要な役割を果たすことができます。これは、期限切れのクーポン、紹介コード、期間限定の割引、アプリ内の特典など、一刻を争う情報をユーザーに知らせるために、ユーザーのデバイスに直接(ロック画面でも)送信されるクリック可能なメッセージです。この種の通知は、アプリが提供する価値をユーザーに思い出させ、再訪を促します。プッシュ通知を活用することで、 191%増加させることができます。させることができます。しかし、ユーザーを困らせ、アプリのオプトアウトやアンインストールを引き起こさないよう、プッシュ通知を戦略的に使用することが重要です。  

プッシュ通知を効果的に利用するには、パーソナライゼーションと関連情報を活用します。例えば、アプリのマーケティング担当者は、アプリ内の未完了のアクションやタスクをユーザーに思い出させるためにプッシュ通知を使用することができます。マーケティング担当者は、開始したチャレンジの終了、定期購入の完了、またはその他の関連するアプリ内アクションをユーザーに思い出させることができます。戦略的なオファーでユーザーを魅了すれば、アプリを再度開く気にさせることができます。  

プッシュ通知はユーザーの離脱を減らすのに効果的ですが、プッシュ通知の使い過ぎや無関係なコンテンツの送信は逆効果となり、より多くのユーザーがアプリをオプトアウトまたはアンインストールしてしまう可能性があることを覚えておいてください。ユーザーを引き付け続けることと、通知に対するユーザーの好みを尊重することの間でバランスを取るように努めましょう。

ファネルを通して価値を加える

ユーザー離脱を抑制するための核となるのは、ファネル内でユーザーがどこで離脱しているかを特定することです。ここから、アプリマーケターはそのポイントを特定し、リテンションを高めるために様々な戦略をテストすることができます。ファネル内での離脱の共通点は、オンボーディングの不備、限られた魅力的なコンテンツ、アプリの操作性の欠如です。 

スムーズなオンボーディング体験は、新規ユーザーの定着に不可欠です。アプリの主要機能の使い方について、明確な説明とガイダンスを提供することが重要です。オンボーディングプロセスを素早く直感的なものにすることで、ユーザーが苛立ち、アプリを放棄する可能性を減らすことができます。 80%以上 の消費者が、歓迎され教育的なオンボーディング・エクスペリエンスに投資している企業に対して忠誠心を持ち続ける可能性が高いと回答しています。

シームレスなオンボーディング・プロセスに加えて、魅力的で関連性の高いコンテンツを提供することは、ユーザーの離脱を軽減するのに役立ちます。アプリ内で定期的に新しく魅力的なコンテンツを提供することで、ユーザーの再訪問意欲が高まります。これには、新鮮なアップデート、関連するメッセージ、ビデオ、インタラクティブ機能などが含まれます。 

ナビゲーションのしやすさは、ユーザー維持の重要な要素です。 19%前後 のユーザーが、ナビゲートが複雑なアプリは放棄する可能性が高いと回答しています。これには、ダウンロードプロセスからユーザーがアプリ内を回遊する方法まで、すべてが含まれます。直感的なユーザーエクスペリエンスは、ユーザーが求めている機能、コンテンツ、機能を素早く見つけ、アクセスできることを保証します。ユーザーがアプリ内を簡単にナビゲートできれば、アプリ内でより長い時間を過ごす可能性も高くなります。 

モバイルマーケティングファネルにおけるユーザー離脱の軽減のポイント

ユーザーがファネルを進むにつれて、アプリを解約、または放棄する段階はたくさんあります。平均的なアプリは、インストール後XNUMX日以内にデイリーアクティブユーザー(DAU)の 視聴者の38%が を失います。アプリは、ユーザー離脱を最小限に抑えながら、ユーザー維持を最大化することが重要です。 

アプリユーザーの離脱を軽減する方法:

  • パーソナライゼーション: ユーザーの嗜好や行動に基づいてコンテンツ、レコメンデーション、通知をカスタマイズすることで、ユーザーはアプリをより快適に利用できるようになります。パーソナライゼーションは、ユーザーがアプリやそのサービスにより親近感を持つのに役立ちます。 
  • プッシュ通知: プッシュ通知は、アプリが提供する価値をユーザーに思い出させ、再訪を促します。プッシュ通知を活用することで、エンゲージメントを 191%増加させることができます。
  • ファネルを通して価値を加える: ユーザーの離脱を抑えるには、ファネル内のどこでユーザーが離脱しているかを特定することが重要です。ファネル内での離脱の共通点は、オンボーディングが不十分であること、魅力的なコンテンツが限られていること、アプリの操作性に欠けていることです。