「SiriとAlexaを越えて、街に新しいAIが登場し、ショーを盗む準備ができています。」 「ちょっと、その見事な口癖と気の利いた応答であなたを笑わせます。」

立ち上げから5日で、ChatGPTのユーザー数は100万人を突破しました。バイラルなChatGPTは、会話専用のオープンAIとして開発・訓練されたものです。対話形式により、ChatGPTはフォローアップの質問に答え、間違いを認め、間違った前提に挑戦し、相当な要求を拒否することが可能です。

YouAppiチームはChatGPTに、アプリがモバイルアプリリターゲティングを使うべき理由トップ5についての記事を書いて依頼し、テストを行いました。ChatGPTの回答は以下の通りです。

「アプリがモバイルアプリのリターゲティングを使うべきトップ5の理由についての記事を書いてください。」

応答 

モバイルアプリのリターゲティングは、企業が以前は自社のモバイルアプリに関与したことのある特定のユーザーをターゲットにすることができる強力なマーケティングツールです。エンゲージメントを高め、収益を向上させることができます。モバイルアプリのリターゲティングを利用すべき理由トップ5は以下のとおりです。

  • アプリの魅力を高める モバイルアプリのリターゲティングの最大の許可の1つは、企業が過去に自社のアプリを使用したことのあるユーザーを対象にできることです。その結果、アプリの関与が向上し、アプリへの再訪問が増えます。
  • より良いターゲティング モバイルアプリのリターゲティングのもう一つの期限は、過去の行動に基づいて特定のユーザーを対象にできることです。たとえば、ショッピングカートを放棄したユーザーや、一定期間アプリを使用していないユーザーを対象にするこれにより、各ユーザーのニーズや興味に合わせたマーケティングメッセージを発信することができ、より効果的なマーケティング活動を行うことができます。
  • コンバージョン率の向上 すでにアプリを利用しているユーザーをターゲットにすることで、そのユーザーがコンバージョンに継続可能性を高めることができます。これは、これらのユーザーがすでにアプリに慣れており、興味を示しているため、リターゲティングされた時にアクションを起こす可能性が高くなるためです。
  • 顧客維持率の向上 モバイルアプリのリターゲティングは継続し、顧客率の向上にも活用できます。これにより、企業は既存の顧客ベースを維持し、顧客が競争に移るのを防ぐことができます。
  • 対投資効果の向上 モバイルアプリのリターゲティングは、企業がマーケティング活動からより良い投資収益率を達成するのに役立ちます。過去にアプリを利用したことのある特定のユーザーを目標にすることで、企業はマーケティング活動の効果を最大化、より高い投資収益率を得ることができます。

結論として、モバイルアプリのリターゲティングは、アプリのエンゲージメントを高め、特定のユーザーをターゲットにし、顧客維持を向上させ、より良い投資対効果を達成することができる強力なマーケティングツールです。ターゲティングを利用することで、企業は収益を向上させ、マーケティング活動全体を改善することができます。