iOS14.5とATTの施行以来、iOSではグロースキャンペーンの効果測定が劇的に変化しました。

今日、すべてのアプリのインストールとトラッキングは、AppleのAppTrackingTransparency(ATT)フレームワークのもと、SKAdNetworkを経由する必要があるのです。これは、ビュースルーアトリビューション(VTA)のようなキャンペーンのアトリビューション手法に大きな影響を与えました。

このブログでは、グロースマーケッターがATT以降の広告クリエイティブのVTAをどのように測定しているか、有効な方法とその向こうにあるテクノロジーを含めて深く掘り下げています。

ビュースルーアトリビューション:レビュー

ビュースルーアトリビューション(VTA)は、キャンペーンの魅力を追跡するための貴重な方法です。VTAは、インプレッショントラッキングを使用して、コンバージョンのためにキャンペーンに評価を大切にするものです。広告を閲覧していない場合でも、広告のインプレッションからコンバージョンまで追跡することで実現します。このように、ビュースルーコンバージョンは、広告の価値を判断するのに役立ちます。

iOS 14.5以前は、一般的にVTAコンバージョンはプロスペクトコンバージョンの最大70%、リターゲティングコンバージョンの50%を互換していました。

※海外では静止画ビュースルートラッキングが一般的なため、総じて高い割合となっております。

VTAとCTAの比較

歴史的に、エンゲージメントを追跡する方法には、ビュースルーアトリビューションとクリックスルーアトリビューション(CTA)という2つの主要な方法がありました。

一応、CTAは一般的に最もシンプルでわかりやすい方法です。CTAでは、ユーザーが広告をクリックし、アトリビューションウィンドウ内のある時点でコンバージョンが発生した場合に、広告が評価されます。

一方、VTAでは、広告がユーザーがいるページと同じページに表示された場合にコンバージョンのクレジットを獲得します。このモデルでは、ユーザーが広告を「見て」、その結果購入に考えてみようと考えていますVTAの価値は、ユーザーがかつてないほど多くのタッチポイントを経験する今日のマルチチャネル環境を認識します。人々は、ウェブサイト一度だけブランドと関わるわけではありません。ソーシャルメディア、モバイルアプリ、その他のオンライン・オフラインのチャネル育成、多変量にブランドと関わるのです。

ポストIDFA時代におけるVTA

前述したように、iOS 14.5のロールアウト後、すべてのアプリのインストールとトラッキングはSKAdNetworkを経由するようになりました。SKAdはApple独自のトラッキングソリューションで、ユーザーがアプリとの個人データの共有をオプトアウトした場合に、決定論的アトリビューションに代わる手段を提供するものです。SKAdは基本的なレポートを提供しますが、MMPが今まで提供してきたものほど詳細ではありません。

IDFAのようなデバイスIDが入手しにくいデータ・プライバシーの新しい時代では、一時またはユーザーベースのアトリビューションは存在しません。しかし、AppleのATTフレームワークにも準拠した確率的アトリビューションのような代替案が考案されています。

SKAdNetworkを利用したビュースルーアトリビューション 

SKAdNetwork の VTA は次のように機能します。ユーザーは一連の広告を 3 以上見ます。次に、パブリッシャーは、広告サーバーの表現とともに Apple にインプレッションを送信します。これはエクスチェンジレベルで発生しますするため、エクスチェンジはVTA供給をサポートするためにSDKに変更を加える必要があります。

VTAリターゲティングキャンペーンを実施する前に、SKAdをテストすることが非常に重要です。 これには、様々な取引所がVTAの測定とレポートをどのように処理しているか確認し、ポストバックとコンバージョン管理のための独自の戦略を構築して、ビジョンを見据えることが含まれます。

確率のアトリビューションを使用したビュースルーアトリビューション 

前述の正確、確率的アトリビューションは、IDFA に依存しないモバイル アトリビューションの一形態です。その代わり、確率に依存することで、決定論的アトリビューションに代わる方法を提供します。に、Apple の ATT フレームワークで規定されているガイドラインも尊重します。

確率的アトリビューションは、ユーザーがIDFAを共有しない場合でも、1つまたは複数のキャンペーンがインストールを推進した連続の確率が存在するという前提で動作します。 MMP は、パラメータ(クリック時刻、インストール時刻など)を調べて、それらを使って、クリック後のインストールのソースの推定を行います。

ATTとSKAdNetworkの導入から1年以上が経過し、確率的アトリビューション手法はSKAdNetworkに代わる有効な手法であり、アプリインストールキャンペーンの最適化、モデルの改善、ROASの促進に有効であることが指摘されています。

例、VTAを有効にして、複数のパブリッシャーで複数のクリエイティブをテストし、データを収集することが可能です。VTA、広告インプレッションが収集され、モデルにフィードバックされます。 、インストール確率、インストールあたりのコスト(CPI)、およびリテンションレート(RR)について、より正確な予測を行うことができるようになります。予測される確率が高くなる場合、モデルはより高いCPM層で入札を開始することができ、より良いコンバージョン率と質の高いユーザーを促進することができます。

IDFA後のビュースルーアトリビューションに関する留意点

iOS 14.5ロールアウト以来、多くのことが変化しました。 特に、グロースマーケターがキャンペーンや広告クリエイティブのアトリビューションと価値を測定する方法が変わりました。

  • ビュースルーアトリビューションとは何ですか? インプレッショントラッカーを使用して、コンバージョンをキャンペーンにクレジットするアトリビューション方法です。この方法では、広告のインプレッションからコンバージョンまで、最大ユーザーが広告の閲覧以外にも関与しなかったとも、追跡することができますます。
  • ポストIDFAの世界におけるVTA iOS 14.5のロールアウト後、すべてのアプリのインストールとトラッキングはSKAdNetworkを経由するようになりました。SKAdはApple独自のトラッキングソリューションで、決定論的アトリビューションに代わる選択肢を提供します。
  • SKAdNetworkを使用したビュースルーアトリビューション ユーザーはよく言われた広告を 3 秒以上見ます。この結果、パブリッシャーは、広告サーバーの意思決定とともに Apple にインプレッションを送信します。
  • 確率のアトリビューションを使用したビュースルーアトリビューション iOS 14.5のロールアウト以来、数年の間に最初に行われた代替案の1つが、確率的アトリビューションです。確率的アトリビューションは、ユーザーがIDFAを共有しなくても、1つまたは複数のキャンペーンによってインストールが行われたという連続の確率があるという前提で動作します。予測される確率が増加する一方、モデルはより高いCPM層で入札を開始し、より良いコンバージョン率とより質の高いユーザーを駆動することができます。

リターゲティングキャンペーンにおけるVTAの価値についてもっと知る

VTAは、他のマーケティングに関与し、ブランド認知度、クリエイティブの強みを考慮しながら、アプリの再関与をリターゲティング広告に帰結させる貴重な方法となりえます。