アプリリターゲティングの分野では、インクリメンタリティテストがどちらかというとブランドの目標を達成するのに役立つかについて、よく話題にもなります。インフレが延び、予算が逼迫している今日の経済情勢に関して、インクリメンタリティは、不確実性が増加するLTVカーブにも乗り切るための費用対効果の高い方法となり得ます。

以下では、インクリメンタリティテストを使用して目標を達成し、同時にブランドのコストを削減する方法について説明します。

インクリメンタルテストとは?

インクリメンタリティ(増分リフト)は、マーケティング戦略全体におけるリターゲティングキャンペーンの価値を理解するための重要な測定基準です。最適な指標である理由など、インクリメンタリティテストの基本について多くの記事を書いています。

DSP モバイル広告のキャンペーンのインクリメンタリティ(増分値)を測定する方法には、さまざまなものがあります。インクリメンタリティテスト手法に共通するのは、ランダム化比較試験(RCT)の利用です。これを原則として、ホールドアウトまたはコントロールグループが決定され、相対的なリフトを計算するために、テストグループと一緒にテストします。

ここでは、最も一般的な3種類のインクリメンタリティ計測テストについて、簡単に説明します。

ITT(intent-to-treat:治療計画図解析)分析

インクリメンタリティ計測の最も基本的な形式であるITTリフト分析では、テストグループには広告を配信し、コントロールグループには広告を配信しません。方法では、「騒音が多い」データ、処理グループの未露出集団から来る危険な情報は制御できません。

ゴースト・ビッド 

ゴーストビッドの方法は、ITTよりもさらに一歩進んで、入札要求レベルで増分性をするテストです。 この方法は、テストグループのユーザーには入札を制御する、グループのユーザーには見えない入札を行うものこれにより、上記のITT手法で遠慮したテストグループのユーザーから可能性のあるノイジーデータを解決できることができる。解決できるために、YouAppiのパートナー企業にはこの手法を活用することをお勧めしています。

{なぜゴーストビッドが最もコスト効率が良く、効果的なインクリメンタリティ・テスト手法については、詳しくはこのブログをご覧ください}。

PSA広告

PSA広告の手法では、テストグループとコントロールグループの両方に実際の広告が配信されます。 PSA広告が使えれば、ノイジーなデータという課題を解決し、きれいなリンゴ対リンゴのテスト環境を構築できますが、モバイル広告主にとっては、ノンブランド広告の配信に費用がかかるため、コスト高になる可能性があります。

今日のモバイル環境におけるインクリメンタルテストの価値

広告費がキャンペーンの収益にどのように影響するのかを具体的に理解することは、モバイルマーケティングの予算を効果的に配分することで非常に重要です。 、モバイル広告主の予算バランスをより良くするために役立ちます。しかし、アトリビューションは実装がな簡単な側面、ブランドエクイティ、オフラインマーケティング、口コミなど、マーケティング活動のオーガニックで「計測できない」側面の価値これが、モバイルマーケティングキャンペーンがインクリメンタリティ計測以外完全ではない理由の1つです。コントロールグループとテストグループの両方がオーガニックグロースや他のマーケティング活動の影響を受けるため、これらの「計測不能」な効果も考慮されます。

さらに、IDFAが廃止されて以来、マルチタッチアトリビューションの粒度は低下しています。 ユーザーレベルのデータが入手しにくくなったため、インプレッションとコンバージョンを注目して、パフォーマンスがどこから来ているのかを理解することが難しくなっております。ここでもまた、インクリメンタル・テストがビジョンを見据えて強力なツールとして登場します。

リターゲティングキャンペーンの価値を証明する

インクリメンタリティテストは、キャンペーンの真価を評価するのに役立ちます。これは、キャンペーンのカニバリを理解する際に特に有用です。インクリメンタリティテストでは、どのキャンペーンが最も効果的で、最も収益を上げたかを理解することができます。これらのインサイトは、リターゲティングのKPIを再調整し、その結果、より大きな価値を生み出すのに役立ちます。

品質ではなく、コストを削減  

キャンペーンの効果を上げているチャネルと戦略を正確に把握できれば、予算のバランスを決めることができます。AdExchangerのデータによると、キャンペーンの測定にインクリメンタリティ(増分値)を採用したモバイル広告主は、売上を伸ばしながら広告費を30%削減することができます。

まとめ

インクリメンタリティテストの時間を長く続けるのは難しいです。リターゲティングキャンペーンのインクリメンタリティリフトを証明する最も正確な方法であるだけでなく、ブランドが自身のオーガニック不安とのカニバリを防ぐことができます。

  • 3つの一般的なインクリメンタル・テストの方法論
    • ITT(intent-to-treat:治療計画図解析)分析 ITTlift 分析では、広告をテストグループに配信し、コントロールグループには配信しません。
    • ゴースト・ビッド(ゴーストビッド) テストグループのユーザーには入札を行わず、コントロールグループのユーザーには入札を行わない方法。
    • PSA広告 テストグループとコントロールグループの両方で、実際の広告を配信する方法です。

インクリメンタリティテストはコストを削減します。AdExchangerによると、モバイル広告主がキャンペーンの測定にインクリメンタリティを採用した場合、売上を伸ばしながら広告費を30%削減することができます。

リターゲティングキャンペーンの価値を証明するインクリメンタリティテスト。インクリメンタリティ・テストでは、どのキャンペーンが最も効果的で、最も収益を上げたかを理解することができます。これらのインサイトは、リターゲティングのKPIを再調整し、その結果、より大きな価値を生み出すのに役立ちます。

インクリメンタリティ・テストによるコスト削減

キャンペーンの効果を高めているチャネルと戦略を正確に把握できれば、予算のバランスをとることができます。リターゲティングとリテンションのエキスパートである当社のチームは、モバイルエコシステム全体のブランドがグロースキャンペーンによるインクリ長期的な価値を引き出すチャネルと戦略に予算を集中させることができるよう、リターゲティング広告の取り組みについて検討するため、当社チームまでご連絡ください。